昨日は米国の祝日。そのため、NYダウやナスダックもお休みです。また、中国も春節に入りました。そんなこんなで外国人投資家が少なかったため、今日は大型株であるほど冴えない一日だったようです。相対的に、個人投資家に人気の株は上がっているように感じました。JASDAQ平均とマザーズ指数がいずれも+0.56%となっているのがそれを物語っています。少なくとも私の持ち株を見る限り、日経平均が1%以上も落ちたなんて信じられない一日でした。
今日の結果
日経平均 -1.01%
TOPIX -0.72%
+1.46%
上記の通り、私の投資資産のパフォーマンスは日経平均やTOPIXを大幅に上回りました。それに大きく寄与してくれたのが、昨日、業務提携と株主優待拡充を発表したアスラポート(3069)。ストップ高で、+80円(+17.86%)の528円となりました。含み損脱出です。1,000株保有しているため、今日一日で8万円の増加です。明確な材料があるわけですし、明日以降も上昇が期待できます。ありがたや、ありがたや。
一方、値上がりしているのを確認しつつ、ダイドー(3205)、楽天(4755)を手放しました。
ダイドーは株主優待が魅力的で、かつ、株価がそれほど高くないので値下がりしてもダメージが少ないと思い保有していたものの、意外に含み益が増えていました。3月末の権利落ちでどれだけ株価が落ちるか考えると、今のうちに利益確定してしまい、その分の資金を危機対応用に置いておいた方が良いかと思ったのです。そもそも、経営内容の良い企業に投資するという最近の私の基本方針からも少し外れますし。

楽天についても優待が魅力的で取得費用も10万円未満と手ごろなものの、ネット通販ではAmazon、参入しようとしている携帯電話事業では先行3社との競争がかなり厳しく、素人目線ではありますが将来性に不安を感じます。少なくともある程度軌道に乗ったと判断できるまでは、限りある資産からの投資には向かないと考えました。

優待と言えば、私が持っている優待銘柄のうちかなりが3月に権利をもらえる株式です。決算月であるため、どうしても3月に集中しています。そうなると、優待落ちのダメージを一気に食らう恐れがあります。ダイドー以外でも、3月銘柄のうち一部は予め利益確定しておくというような見極めをしておこうかと思います。



にほんブログ村に参加しています。
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村